福岡・九州の分譲マンション・新築マンションは、新栄住宅のアンピールマンション。

chapter06 夏到来!花火大会開催数ランキング

知ってた?福岡・九州

第6回

chapter06 夏到来!花火大会開催数ランキング

花火大会

7月になりました!いよいよ夏到来です!
涼しさを求めて、海や川や山へ行くのもいいですが、夏の納涼といえばやはり、夜空に大輪の花を咲かせる花火大会ですよね!

日本人は花見と花火が大好き。家族や気の合う仲間同士、恋人同士などで心軽やかに出かける風物詩です。

じゃあ、日本全国で、一体どこの都道府県が最も花火の好きなところだと思いますか?

そこで、日本全国で花火大会の開催数が多い順に都道府県別の上位10位までのランキングをつけてみました!

データは、「Walker Plus」サイトの『2006年花火カレンダー』に登録されている各都道府県の花火大会の開催数を集計して、ランキングしたものです。

『花火大会が多い=花火好き』という結論は、かなり強引ですが、まあ、ちょっとした参考や話のネタということで、ご覧下さい。 最も花火大会が多いのはどこ?
そして、福岡って開催数は多いほうなんでしょうか?
ベスト10内に入っているのでしょうか?

 


都道府県別『花火大会の開催数ベスト10』

2006年花火カレンダー
※「Walker Plus」サイトの
2006年花火カレンダー』の登録数
【2006年6月22日現在】
※実際の開催数と異なる場合があります。

花火大会が多いのはダントツで北海道です!その回数118回!
第2位の岐阜県での開催回数の倍以上。広くて涼しい北の大地は、花火での納涼にはこの上ないロケーションですね。

注目は、東海地方。
岐阜・愛知・三重・静岡全ての県がランクイン。どうやら東海地方の人は、全国的に見ると、花火が好きな人たちが多いと言えそうです。

意外なのは東京。

江戸時代からの花火文化が根付き、全国的に有名な『隅田川花火大会』を開催するなど、東京(江戸)の人は花火好きというイメージが強いのですが、 花火大会の開催数はわずか14回。
やはり大都市では、花火の打ち上げ場所や火災への影響を考慮して、あまりたくさんの大会を開催できないのかもしれません。
京都府もたったの10回、大阪府にいたっては、ほんの4回だけです。

その代わり大都市の近接県では、多くの花火大会が開催されています。交通機関を利用すれば、あっという間に隣の県まで観覧に行くことができます。
また、東京や大阪では日本を代表する大規模な花火大会が行われるので、その花火大会に1年の花火観覧をかけているのかもしれません。

あくまで憶測ですけど。

さて、福岡ですが、なんと8位にランクイン!全国8位なので、なかなかたいしたものではないでしょうか?

確かに、花火大会の時期が近づくと、「見に行く?」というお誘いがあちらこちらで見られます。
今年も天候に恵まれて、よい花火大会になるといいですね。 ここからは、ホームページだけの限定情報!

2006年『福岡県の花火大会:花火の打ち上げ数ランキング』を掲載しました。花火の打ち上げ数が多いということは、それだけ規模が大きく、 人出も多く、賑やかです。どの花火大会が花火の打ち上げ数が多いでしょう?

2006年『福岡県の花火大会:花火の打ち上げ数ランキング』

最も多いのは、筑後川花火大会で何と、約18,000発!次々と打ち上がる花火は圧巻だそうです。筑後川の河川敷から見るのがオススメだとか。

また、2位の関門海峡花火大会も約13,000発と1万発越え。本州と九州の双方から観覧に来る人で辺りはいっぱいになり、人出の多さは全国2位の約115万人。 門司港・下関港の夜景と花火のコラボレーションは、目を奪われること間違いナシ。一度は見ておきたいですね。

真夏の夜空を、涼しく彩る花火大会。ご観覧の参考にしていただければと思います。

(情報参考サイト)
●ウォーカープラス 2006カレンダー 全国花火大会900連発
http://www.walkerplus.com/hanabi/

●ウォーカープラス
http://www.walkerplus.com/

〔更新日:2009年06月01日〕

このページのトップへ
新栄住宅株式会社

お電話でのお問い合わせはこちらまで。TEL:0120-124-550 受付時間 10:00〜17:00 平日・土にお受けしています。

お受付時間 10:00〜17:00 平日・土にお受けしています。