福岡・九州の分譲マンション・新築マンションは、新栄住宅のアンピールマンション。

chapter80 福岡の最新花粉事情

知ってた?福岡・九州

第80回

chapter80 福岡の最新花粉事情

日に日に暖かくなり、春はもうすぐそこまで来ていますね。ぽかぽか陽気はうれしいのですが、その一方で花粉症の方にとってはつらい時期でしょう。

そこで、今回の『知ってた?福岡」では、「福岡の最新花粉事情」を調査してみました。


都道府県別花粉症罹患率

花粉症罹患率都道府県分布図
調査:アンファー株式会社 対象:47都道府県各100人(男女比50:50、20歳代~60歳代各10人、合計4,700人)


分布図を見ると、福岡県の花粉症罹患率は35~39%と、九州の中では沖縄県、宮崎県、鹿児島県の次に低い結果となりました。お隣り佐賀県では50~54%と高く、長崎県、熊本県、大分県は40~44%となっています。


福岡の主な花粉飛散時期

種類 時期
ハンノキ属 1月~6月上旬
スギ 1月~5月中旬
ヒノキ 3月~5月中旬/5月下旬~6月上旬
イネ科 1年中
ブタクサ属 9月~10月
ヨモギ属 8月中旬~11月中旬
カナムグラ 8月下旬~10月上旬
参考:厚生労働省「花粉カレンダー」

日本気象協会によると、2021年福岡の花粉飛散量は、例年より少ない見込みです。しかし2020年が例年より少なかったため、前シーズン比で見ると2021年福岡の花粉飛散量は非常に多くなると言われています。


なお、イネ花粉は福岡で2~10月頃まで飛散します。スギ・ヒノキほどではありませんが、イネも人の粘膜に付着しアレルギー性疾患を及ぼすので、初夏を過ぎても花粉対策は続けるのがおすすめです。外が晴れで風の強い日・乾燥している日・気温が高い日は、とくにしっかりと対策を。今や必需品となったマスクの他に、花粉ウィルスブロックスプレーや鼻うがいなども効果的だそうですよ。



みなさんしっかり対策してつらいこの時期を乗り越えましょう。

〔更新日:2021年02月22日〕

このページのトップへ
お電話でのお問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル0120-124-550
受付時間 10:00〜17:00 平日・土にお受けしています。