福岡・九州の分譲マンション・新築マンションは、新栄住宅のアンピールマンション。

chapter58 県庁所在地・政令指定都市別 家事サービスへの支出ランキング

知ってた?福岡・九州

第58回

chapter58 県庁所在地・政令指定都市別 家事サービスへの支出ランキング

2011年秋のテレビドラマの1つ、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)をご覧になっていますか?松嶋菜々子さんが演じる家政婦三田灯(みたあかり)の冷徹っぷりや、往年の家政婦ドラマ「家政婦は見た!」をドラマタイトルにもじっているあたりが話題になっていますね。

家政婦は職業分類上では「家事サービス業」に含まれる職業の1つです。では、この家事サービスの利用はどのくらい進んでいるのでしょうか?

そこで今回『知ってた?福岡』は、

 

~「県庁所在地・政令指定都市別家事サービスへの支出ランキング 」~


と題して、各都道府県の県庁所在地47都市と政令指定都市4都市の合計51都市において、家事サービスに年間でいくら支出しているかをランキングしてみました。

福岡県からは県庁所在地の福岡市と政令指定都市の北九州市の2都市がエントリーしています。果たしてこの2都市では家事サービスへ、どのくらい支出しているのでしょうか?


「家計調査」における「家事サービス」の分類

家事サービスへの年間支出については、統計局が毎月統計を取っている「家計調査」をもとに算出されています。この家計調査で「家事サービス」とは文字通り家事に関わるサービスなのですが、以下のように分類されています。

家計調査における「家事サービス」の分類
家事サービス 家事サービスに関するもの。
家事代行料 炊事,洗濯,室内,庭の掃除など通常の家事を世帯員以外の者に行わせ,
そのサービスの対価として支払った賃金及び料金。
○ 家政婦・派出婦・お手伝いさんなどの給料
○ ホームヘルパー・ハウスキーパー・ベビーシッターへの料金
○ ハウスクリーニング
○ 庭の掃除代  庭の草取り賃
清掃代 汚物・じん介の処理料金,浄化槽の清掃料金,粗大ゴミの処分料金及び
リサイクル料金。
○ 汲取料
○ 浄化槽清掃代
○ 粗大ゴミの回収料金
家具・家事用品
関連サービス
家具・家事用品の借賃,分解掃除代,修理代(加工賃,出張費)及びそれらの洗濯代。
○ 布団・毛布の借賃  掃除用品の借賃  浄水器の借賃
○ たんす・食卓セット・応接セットなどの修理代
○ 布団の仕立代  座布団の仕立代
○ エアコンクリーニング代

上記の表のように、家事サービスは「家事代行料」、「清掃代」、「家具・家事用品関連サービス」のそれぞれのサービスを統合したものです。

いわゆる家政婦さんへの支払いは「家事代行料」にあたり、ホームヘルパーもこれに含まれます。庭の掃除代は「家事代行料」に分類され、「清掃代」とは浄化 槽清掃や汲取、粗大ゴミ回収など専門的な清掃業務に分類されています。「家具・家事用品関連サービス」は家具・寝具・家電製品類のレンタル・修理・クリー ニングが分類されています。

それでは、家事サービスへの支出のランキングを見て行きましょう。


家事サービスへの支出が多いのは松山市、仙台市。少ないのは川崎市、福岡市

2010年の1年間で1世帯あたりの家事サービスへの支出金額のランキングです。調査対象は、各都道府県の県庁所在地47都市と政令指定都市4都市(堺市・川崎市・浜松市・北九州市)の合計51都市となっています。

1世帯あたりの年間家事サービス支出金額
順位 都市名 金額
全国 9,965
1 松山市 24,788
2 仙台市 24,253
3 大分市 18,245
4 佐賀市 15,529
5 福島市 13,929
6 青森市 13,912
7 和歌山市 13,720
8 岡山市 13,255
9 高松市 13,229
10 津市 12,702
11 盛岡市 12,037
12 徳島市 11,876
13 浜松市 11,759
14 岐阜市 11,688
15 水戸市 11,166
16 福井市 10,955
17 新潟市 10,263
18 山口市 10,226
19 東京都区部 9,445
20 宮崎市 9,367
21 松江市 9,333
22 秋田市 9,177
23 前橋市 9,173
24 さいたま市 9,094
25 鹿児島市 8,649
26 甲府市 8,578
27 長野市 8,388
28 高知市 8,293
29 金沢市 8,247
30 札幌市 8,244
31 奈良市 8,160
32 長崎市 7,331
33 堺市 7,137
34 宇都宮市 6,888
35 熊本市 6,679
36 鳥取市 6,527
37 京都市 6,473
38 名古屋市 6,202
39 大津市 6,200
40 静岡市 6,071
41 山形市 5,829
42 富山市 5,794
43 北九州市 5,787
44 広島市 5,305
45 千葉市 5,110
46 横浜市 5,033
47 神戸市 4,551
48 大阪市 4,543
49 那覇市 4,393
50 福岡市 4,296
51 川崎市 3,375
出典:統計局家計調査平成22年(2010)

最も家事サービスへの支出金額が多いのは、松山市で年間24,788円、次いで僅差で2位が仙台市で年間24,253円、3位が大分市で年間18,245円となっています。

その一方で、支出金額が少ないのは、川崎市で年間3,375円となっており、次いで福岡市が4,296円、那覇市が4,393円と続いています。

全国平均は年間9,965円ですが、実際に10,000円前後(9,000~11,000円)の支出となっている都市は9都市に過ぎません。最も支出金額 の多い松山市と最も少ない川崎市とではその差が21,413円にもなり、かなり地域による落差が大きくなっているのが特徴です。

家事サービスへの支出がもっとも多い松山市は、家事サービスのうち清掃代が年間17,301円、家具・家事用品関連サービスが7,487円といずれも支出金額の多さでは全国1位となっています。

家事サービスへの支出第2位の仙台市は、家事代行料が年間17,992円なっており、これは家事代行料2位の佐賀市7,595円よりも10,000円以上も上回っており、全国でダントツ第1位の金額。

家事サービスへの支出第3位の大分市は、家事代行料が年間6,578円で第3位、清掃代が5,545円で第10位、家具・家事用品関連サービスが 6,122円で第6位。どのサービスへもまんべんなく支出しているのが分かります。

家事サービス各分類ごとの支出金額上位10位と下位10位、及び福岡市と北九州市
家事代行料
全国 1,229
1 仙台市 17,992
2 佐賀市 7,595
3 大分市 6,578
4 岐阜市 4,679
5 盛岡市 4,096
6 東京都区部 3,872
7 奈良市 3,445
8 水戸市 3,365
9 浜松市 2,704
10 甲府市 2,485
25 北九州市 516
30 福岡市 302
42 宇都宮市 114
43 広島市 114
44 和歌山市 85
45 徳島市 67
46 鳥取市 56
47 福島市 41
48 川崎市 30
49 松山市 0
49 長野市 0
49 大阪市 0
清掃代
全国 4,650
1 松山市 17,301
2 和歌山市 10,591
3 津市 9,883
4 岡山市 9,374
5 福島市 8,354
6 青森市 7,720
7 高松市 7,361
8 徳島市 6,592
9 福井市 5,729
10 大分市 5,545
28 福岡市 2,106
33 北九州市 1,976
42 東京都区部 1,443
43 大津市 1,433
44 金沢市 1,413
45 横浜市 1,392
46 名古屋市 1,311
47 川崎市 1,311
48 奈良市 1,180
49 那覇市 1,162
50 大阪市 1,021
51 神戸市 810
家具・家事用品
全国 4,086
1 松山市 7,487
2 松江市 6,645
3 新潟市 6,583
4 金沢市 6,388
5 秋田市 6,225
6 大分市 6,122
7 長野市 6,038
8 鹿児島市 5,964
9 さいたま市 5,927
10 盛岡市 5,850
39 北九州市 3,295
42 水戸市 3,137
43 和歌山市 3,043
44 山形市 3,026
45 甲府市 2,952
46 京都市 2,922
47 神戸市 2,902
48 那覇市 2,541
49 津市 2,366
50 川崎市 2,035
51 福岡市 1,888

家事サービスへの支出が多い都市の特徴、支出が少ない都市の特徴

家事サービスの支出の多い都市や少ない都市、それぞれに共通する特徴はあるのでしょうか?

家事サービスのうち、清掃料については下水道の普及率と負の相関があるようです。つまり清掃料の支出の多い都市は下水道普及率が低くなっているのです。こ れは下水道普及率の低いところは、浄化槽の利用率が高く、その維持のために毎年清掃料が発生するからだと考えられます。

平成17年度末の国交省の統計によると、県庁所在地の下水道処理人口普及率は平均88.8%で、全国の平均値69.3%よりも高くなっています。しかし松 山市・和歌山市・津市・岡山市など清掃料への支出が多い都市には、普及率が全国平均値よりも低くなっているところが少なくありません。

このように、清掃料については都市の共通の特徴が見えますが、家事代行料と家具・家事用品代については、支出の多い都市、少ない都市それぞれの共通的な特 徴や地域性ははっきりしていません。都市別の高齢化率や所得額などに相関がありそうですが、これらも確としたものは見つけることができませんでした。

ただ、家事代行サービスについて、松山市と長野市と大阪市は年間の支出額が0円となっており、調査対象の全世帯で全く利用がなされていませんでした。家事にお金を払わないという地域性があるのかもしれません。


福岡市と北九州市の家事サービスへの支出は低い

福岡市と北九州市について見てみると、福岡市は家具・家事用品関連サービスは51都市中で最も少なくなっています。

その他の家事サービスについても全般的に支出金額が少なく、その結果として家事サービス支出の低さではトップ10位入りしています。そういう面で見ると、 福岡市・北九州市にとって家事サービスは現在あまり定着しているとは言えないでしょう。

しかし今後は高齢化や働く女性の増加で、家事サービスに対する需要は増加するのではないかと見られています。いずれはあなたの家にも「ミタさん」のよう な…かどうかわかりませんが、家政婦さんに来てもらう日が来るかもしれませんね。

〔更新日:2013年10月01日〕

このページのトップへ
新栄住宅株式会社

お電話でのお問い合わせはこちらまで。TEL:0120-124-550 受付時間 10:00〜17:00 平日・土にお受けしています。

お受付時間 10:00〜17:00 平日・土にお受けしています。